【オーバーウォッチ】 ヒーラーキャラ考察

   2016/09/21

チームに欠かせないヒーラーキャラ、誰がオススメ?

今回はオーバーウォッチのチーム編成で欠かせないヒーローのキャラ性について比較考察します。

なお、今回取り上げるヒーラーはルシオ、マーシー、アナ、ゼニヤッタに限定。

ソルジャー76も味方への回復手段を持っていますが、クールタイムが長く安定した回復は無理なので省いています。

各キャラのの特徴・特性

ヒーラーができるヒーロー勢の特徴をまとめると、

・チーム全体を安定して回復できる上に攻守ともに役立つルシオ

・瞬間的なダメージにも対応し、倒れた味方を復活もできる究極のヒーラーマーシー

・回復量、スピードの理論値は最高クラスながら上級者向けなアナ

・回復と攻撃面双方で活躍できるゼニヤッタ

といった具合。

(各ヒーローの具体的な回復量・スピードのデータは下記記事をご参照ください)

 

ランクマッチのシーズン2開幕時にマーシーが強化されルシオが若干弱体化されたためか、最近はまたマーシーをよくみかけるようになってきました。

なんだかんだルシオが使われすぎてみんなが飽きてきた、なんてこともありそう。

それでも勝ちに行くときはやはりヒーラーはルシオ安定と言われていますが…

アナは回復するために射撃を当て続けないといけない弱点はありますが、理論値上は瞬時の回復量・スピードは最高クラスの上級者向けなヒーラー。

ゼニヤッタの調和のオーブは味方につけておくだけでいい便利な回復手段を持っており、アルティメットアビリティの心頭滅却はオーバーウォッチの全回復手段中最速・最大の回復量を持ちます。

初心者にも上級者にもオススメな超強キャラヒーラー ルシオ

回復量・スピードの数値だけみるとルシオは他に比べ劣って見えますが、味方全員を同時にかつ常時回復できるヒーラーはルシオのみ。

いるだけで周囲のみんなを回復し続けることができるため汎用性が高く、しかも自分自身も回復し続けるのでそう簡単にはやられません。

サウンドウェーブや壁走り、スピードブーストなど逃げにも使えるアビリティが多く、生存能力も高いヒーラーです。

シーズン2に合わせてマーシーが強化された今でも、ルシオは最強ヒーラーとして君臨し、特にランクマッチではその姿を見ないことはほとんどありません。

それくらいチームには必須な存在で需要も多く、ぜひ初心者のみなさんには練習してほしいところ。

ただ近くにいるだけで味方を回復し続けることができるので、後は回復量を一時的に増やすアンプの使い方や、アルティメットアビリティ(以下ウルト)のサウンドバリアを使うタイミングだけ覚えれば完璧。

自分のためだけでなく、味方や敵の状況にあせてアビリティやウルトをタイミングよく使えるようになることはルシオに限らずオーバーウォッチをやるにあたって非常に大事なスキルです。

ルシオはその辺りを学ぶのに最適なのでそういう意味でも初心者の方に強くオススメしたいヒーローです。

ただし、現状では回復スピードではマーシーやアナにかなわないません。

体力の多いタンクキャラが多いチームではマーシーやアナの方が向いているといえます。

復活で一発形勢逆転の天使マーシー

マーシーは味方にカデュケウス・スタッフの回復ビームをあてて回復するヒーラーキャラです。

当てるといっても一度ロックしてボタンを押しっぱなしにすれば範囲内にいる限り回復し続けるので、アナのようなエイムのスキルはいりません。

ルシオと違い複数の味方を同時に回復することはできず一人ずつの回復ですが、このカデュケウス・スタッフは回復速度が早く弾切れもないのが特徴。

味方を回復するのではなく攻撃力を上げる攻撃ブーストも使えます。

移動アビリティガーディアン・エンジェルによって味方の元にすぐに移動することができるので、うまく立ちまわればチーム全体を安定して回復し続けつつ敵から逃げることも可能です。

また倒れた味方を蘇生することもできる唯一のキャラで、一発で形勢をひっくり返せる究極のヒーラーといえるでしょう。

長らくはヒーラーとしてはルシオの方が人気でしたが、シーズン2の開催に合わせて強化が施され、使われることも増えました。

みんながルシオに飽きてきたところに強化されたもんだから人気が出たようです。

攻撃型ヒーラー ゼニヤッタ

もう一人、ヒーラーとしてだけではなく一人の強キャラもオススメとして挙げたいのがゼニヤッタです。

ゼニヤッタの調和のオーブはよほど遠くない限り、視界に入る場所にいる味方につけてやるだけで回復し続けてくれ、特に使用制限もなく他の味方へのつけかえも簡単。

ファラの回復も楽々です。

ウルトの心頭滅却は範囲内の味方全員を超回復する、オーバーウォッチにおいて最強の回復手段。

しかもゼニヤッタは敵の防御力を下げるアビリティ不和のオーブもあり、攻撃にも役立ちます。

不和のオーブをつけてやれば撃ち合っている味方のサポートにもなりますし、ゼニヤッタ自身の火力も地味に高いためゼニヤッタ自身でキルをとることもできます。

ただし、攻撃に参加している分味方の回復に専念することが難しいため、ゼニヤッタだけでチーム全体のヒーラーを務め、安定した回復を提供し続けるのはなかなか困難。

ゼニヤッタをチーム編成に組み込む時には『 準ヒーラー 』として、回復はあくまでも補助的なものと考えた方がよいでしょう。

最高の回復スピードを誇るアナ

アナはスナイパーであり、射撃を味方に当てれば回復に、敵に当てれば攻撃になる特徴的な仕様をもつヒーローです。

アビリティとして持っているグレネードも同様に敵、味方双方に効果があり、しかも敵に当たった場合はあらゆる回復効果を受けられなくなる回復阻害を、味方に当たった場合は受ける回復量が増える回復ブースト効果を付与します。

回復量自体はかなりのもので、マーシーの回復ビームの1.5倍もの回復スピード。

グレネードにより回復ブースト効果を付けた味方であれば秒間180×5秒もの超回復が可能で、リーパーの凶悪ウルト デスブロッサム(秒間200×3秒ダメージ)にも肉薄するレベルの回復スピードを誇ります。

ゼニヤッタのウルト心頭滅却以外でアナの回復量・スピードを超えるアビリティはありません。

ただし、これは全弾命中させた時の話。

現実問題アナで味方に安定した回復を提供するにはかなりのスキルが必要で、しかもスナイパーでありながらヘッドショットがない仕様のためキルをガンガンとって攻撃に寄与することも難しいキャラです。

活躍できるかは味方キャラとの相性も大きいので、使うにしても味方のキャラ編成をよくみてピックしましょう。

アナの使い方・具体的な立ちまわりについては下記リンクよりご覧ください。

 

ヒーラーキャラ考察まとめ

・ルシオはいるだけで回復可能で初心者でも役立ちやすく、汎用性も高い非常に強力ヒーラー

・マーシーは一体ずつの回復だが、うまく立ちまわればルシオに匹敵する回復量をたたき出すことも可能で、倒れた味方を復活させることもできる

・ゼニヤッタは回復だけでなく直接攻撃や攻撃支援にも寄与できる強キャラだが、その分忙しいため安定した回復は不安視される

・アナは理論上の回復量と回復スピードはトップクラスだが、扱いが難しいので十二分に練習してから使うこと

といったところでしょうか。

やはり初心者にもそうでない方にもオススメなのはルシオですね。

近くにいるだけで回復することができるため状況を選ばない汎用性の高さがあります。

とはいえそこはオーバーウォッチ、味方や敵ヒーラーとの相性、状況によってどのキャラが刺さるかは大きく変わるのはヒーラーとて同じです。

どんな状況でも対応できるよう、いろいろ試してみて自分に合ったヒーラーを見つけていきたいところです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。